V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
117
[開催日]
2016/11/13
[会場]
福井市体育館
[観客数]
1,515
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:34
[試合時間]
1:34
[主審]
小野 将人
[副審]
森口 豊

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 阿部 純也
通算ポイント: 6
通算: 2勝3敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:28】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:28】
25
23 第3セット
【0:32】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 平馬 慶太
通算ポイント: 7
通算: 2勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

本日の試合は大変悔しい試合であった。
サーブで崩していたが、ブロックとスパイクレシーブが機能せず、ラリーをとれずリズムを最後まで引き寄せることができなかったことが敗因である。
課題点をしっかりと修正し、次の試合に臨みます。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。

23 金丸
()
カジースキ
()
安井
()
深津
()
25
久保山
()
古田
()
筧本
()
中島
(八子)
高橋(和)
()
廣瀬
(松原)
ルブリッチ
()
越川
()
本間 リベロ 唐川
23 金丸
(松原)
カジースキ
()
深津
()
中島
(八子)
25
久保山
(高橋(慎))
古田
()
安井
(久原)
越川
()
高橋(和)
()
廣瀬
()
筧本
()
ルブリッチ
()
本間 リベロ 唐川
23 金丸
(松原)
カジースキ
()
安井
(久原)
深津
()
25
高橋(慎)
(袴谷)
古田
()
筧本
()
中島
()
高橋(和)
()
廣瀬
()
ルブリッチ
()
越川
()
本間 リベロ 唐川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

福井大会の2試合はチームとしてのよい形を見せられたと思う。
昨日敗れはしたもののプレーの内容は良かった。今日の試合でも継続して良いパフォーマンスを発揮することができたが、これは選手のメンタル面の強さが大きな要因だと思う。
3セットとも25-23と本当に難しい試合だった。両チームとも素晴らしいパフォーマンスだったと思う。
ファンの皆さまご声援ありがとうございました。

要約レポート

 前日の試合ではストレート勝ちを収め勢いに乗るジェイテクトSTINGSと、敗戦からの巻き返しをはかるJTサンダーズの対戦。
 第1セット、一進一退の競り合いが終盤まで続く緊張感のある展開。JTは安井の効果的なジャンプサーブでジェイテクトのレシーブ陣を乱し、ルブリッチのスパイク、筧本のブロックの連続ポイントで突き放し先取する。
 第2セットは序盤、JTが筧本、安井のブロックなどで4連続ポイントするなど終始優位に進める。しかし、ジェイテクトもカジースキ、古田を中心とした攻撃でJTにくらいついていく。終盤、チャレンジシステム成功によるポイントもあり、ジェイテクトが1点差に詰め寄る。しかし、JTは越川のスパイクで再び2点差とすると、その後も優勢に進めこのセットを連取する。
 第3セット、ジェイテクトは序盤からカジースキのブロック、スパイクでJTにリードし、3点差をつける。しかし、中島のクイック、ブロックポイントでJTが逆転する。JTが優勢のまま終盤に突入するが、ジェイテクトもカジースキにボールを集めポイントを重ねる。終盤、ジェイテクトはチャレンジ成功で1点差に追いつくも、最後は安井がレフトからスパイクを決めこのセットを取り、JTがストレートで勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 石塚 友希夫