V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
124
[開催日]
2016/11/19
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
1,565
[開始時間]
15:05
[終了時間]
16:28
[試合時間]
1:23
[主審]
原 啓之
[副審]
山本 和良

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 16
通算: 6勝0敗
3

ポイント
3
27 第1セット
【0:29】
25 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
20
25 第3セット
【0:25】
17
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 0
通算: 0勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 FC東京の勢いと粘りに勝てた事はチームとしてよかったが、スタートの悪さが今後の課題です。明日も厳しい戦いになるかと思いますが、全員でしっかりと戦っていきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

27 福澤
()
清水
()
栗山
()
和中
(小田嶋)
25
白澤
(合田)
山内
()
長友
(竹浪)
手原
()
深津
(池田)
クビアク
()
手塚
()
衛藤
(近江)
永野 リベロ 橘(裕)
25 白澤
(合田)
福澤
()
栗山
()
和中
()
20
深津
(池田)
清水
()
長友
(山岡)
手原
(竹浪)
クビアク
()
山内
()
手塚
()
衛藤
(近江)
永野 リベロ 橘(裕)
25 福澤
(今村)
清水
()
栗山
()
和中
()
17
白澤
()
山内
()
長友
(竹浪)
手原
()
深津
()
クビアク
()
手塚
()
衛藤
()
永野 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 選手はベストなプレーができたと思います。1セット目はよく出来ていたと思いますが、2~3セット目は高さとパワーに押し切られる場面が目立ち、ミスが出てしまいました。サーブの強化を図って明日の試合に臨みたいと思います。
 本日は足元の悪い中、応援にお越しくださいました皆様、ありがとうございました。明日も引き続きよろしくお願いします。

要約レポート

 開幕から連勝中のパナソニックパンサーズと勝って勢いをつけたいFC東京の一戦は3対0でパナソニックが勝利し、6連勝とした。
第1セット、パナソニックは序盤から清水・福澤が得点を重ねリードする。中盤FC東京は手塚・長友にトスを集め追いつくも、パナソニックがクビアクのサービスエースと深津の多彩なトスワークで差を広げ先取した。
第2セット、パナソニックの勢いは止まらず、清水・福澤のスパイクで得点を重ね、FC東京にリズムをつかませず連取した。
第3セット、パナソニックのクビアクがサーブレシーブから自ら速攻に入るなど多彩な攻撃でチームの勢いをつけ、パナソニックが勝利した。 
 FC東京は第1セットから手塚・長友にトスを集めて得点するも要所でサーブミスが目立ち、流れを掴むことが出来なかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 北原 亮