バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】2016アジアクラブ女子バレーボール選手権大会(ファイナル)

2016/09/12







 
2016年9月3日(土)~9月11日(日)まで、ビニャン(フィリピン)で開催されている「2016 ASIAN WOMEN'S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブ女子バレーボール選手権大会)に参加している、「NECレッドロケッツ」の大会第8日目・ファイナル(決勝戦)の試合結果をお知らせいたします。





<戦評>

2016アジアクラブ女子選手権大会の決勝戦まで勝ち上がった、NECレッドロケッツは中国代表のBA'YI SHENZHENGと対戦した。スターティングメンバーは、古賀、山口、大野、近江、佐川、柳田、リベロ、鳥越、(岩崎)でスタートし、セットカウント3 (25-23, 25-19, 25-21) 0 のストレートで勝利し、優勝しました。 第1セット、スタートから相手の攻撃をブロックで封じ、NECの粘りのバレーを展開すると25-23で接戦をものにする。 第2セットは、サーブで相手を揺さぶりミスを誘うと、NECのペースで試合が進み25-19で連取する。 第3セットは、スタートから相手のブロックに捕まり4-11とリードをされるが、大野のクイックを機に5連続ポイントをあげると、徐々に点差を縮め逆転に成功する。20-17とリードするが、相手のサーブに崩され20-20に追い付かれる。ここでも、大野のクイックで流れを断ち切ると、NECのサーブで崩して連続得点をあげ、最後は柳田のスパイクでゲームセットとなった。


<山田監督コメント>

相手の高さに対して対応がしっかりできた。今大会、選手はよく戦ってくれた。まだまだ課題はあるが、今日は素直に優勝を喜びたいと思う。

なお、今大会の個人表彰では、古賀紗理那選手が大会「MVP」に輝き、柳田光綺選手が「ベストオポジット」、大野果奈選手が「ベストミドルブロッカー」、に選ばれました。

<大会最終順位>

1.  NECレッドロケッツ (日本) 
2.  BA'YI SHENZHENG (中国)
3.  Bangkok Glass (タイ)
4.  Altay VC (カザフスタン)
5.  Sarmayeh Bank (イラン)
6.  Thongtin Lien Viet Post Bank (ベトナム)
7.  Foton Pilipinas (フィリピン)
8.  T.Grand (チャイニーズタイペイ)
9.  4.25 Sports Club (北朝鮮)
10. Jakarta Elektrik (インドネシア)
11. Kwai Tsing (ホンコンチャイナ)
12. Malaysia(マレーシア)