バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】2016アジアクラブ女子バレーボール選手権大会(セミファイナル)

2016/09/11







 
2016年9月3日(土)~9月11日(日)まで、ビニャン(フィリピン)で開催されている「2016 ASIAN WOMEN'S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブ女子バレーボール選手権大会)に参加している、「NECレッドロケッツ」の大会第7日目・セミファイナル(準決勝)の試合結果をお知らせいたします。





<戦評>

アジアクラブ女子選手権大会のセミファイナル(準決勝)で、NECレッドロケッツはタイ代表のBangkok Glass VCと対戦した。スターティングメンバーは、古賀、山口、大野、近江、佐川、柳田、リベロ鳥越、(岩﨑)のメンバーでスタートし、セットカウント3 (22-25.25-19.21-25.25-20.15-7) 2 のフルセットの末に勝利した。 第1セットは、相手に速いバレーを展開され、相手のペースで試合が進む。後半NECが粘りをみせるが、22-25でセットを奪われる。 第2セットに入ると、NECがサーブで相手を揺さぶり、相手の速い攻撃をしぶとく拾い得点にしていくと、NECのペースで試合が進み、25-19でセットを奪取する。 第3セットは、序盤からNECの緩急あるサーブで相手のミスを誘いNECがリードする展開。しかし、中盤に入り相手に連続得点を許し逆転される。終盤に粘りをみせ同点に追いつくが、相手のスパイクを封じる事が出来ず21-25でセットを奪われる。 第4セットは、スタートから柳田の強打が決まるとチームの士気もあがり、近江のブロックアウトやフェイントなどでリードする。NECは相手のスパイクやフェイントをリベロを中心に必死につなぎ、このセットを25-20で奪い返す。 ファイナルセットは第4セットの勢いのまま、序盤からNECが果敢に攻め大きくリードすると15-7で取り、ゲームセットとなった。


<山田監督コメント>

タフなゲームだったが、我慢強く戦えた。相手が速いバレーをしてくるのに対して簡単に決めさせなかった事は良かった。アジアクラブ選手権も残り1戦となり、チームスローガンである「Oneness~再び頂点へ~」をテーマに戦っていきたい。


NECレッドロケッツは、本日(9月11日)の17:00(日本時間18:00)から、中国代表BA'YI SHENZHENGとファイナル(決勝)を戦います