バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】 2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会

2016/08/31

 
201608311338_1.jpg

 2016年8月23日(火)から8月31日(水)まで、ミャンマー・ネーピードーにて開催されている「2016 ASIAN MEN’S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会)」に参加している「豊田合成トレフェルサ」の大会第9日目・ファイナルラウンド(3位決定戦)の試合結果をお知らせいたします。


201608312302_1.jpg





201608312302_2.jpg






<戦評>
 9日間の2016アジアクラブ選手権も本日最終日を迎えた。3位決定戦の相手は、セルビア代表コバチェビッチ兄弟の兄ニコラ・コヴァチェヴィッチ選手とドイツ代表ゲオルギ・グロゼル選手に加え、多くの自国代表選手を擁する中国。互いに疲労のピークを迎え挑んだ最終戦は、最後の最後まで息をのむ熱戦となった。
 第1セット、高いセンター線とエース・グロゼルを中心に攻める中国に対し、セッター内山は満遍なくトスを散らし、序盤から常にリードする展開で試合を優位に進めると、4点リードでセカンドテクニカルタイムアウトへ。直後に高松のこのセット2本目となるサービスエースで差を5点に広げると、危なげなく第1セットを25-21で奪う。
 第2セット、終始中国に連続失点を許し、大量9点ビハインドで迎えた終盤、アンディッシュ監督は、ここまで出番が少なかった前田、椿山、岡本、山田、細中、山近を一気に投入し、リベロに川口を送り込む。すると、ここまでの鬱憤を晴らすかのごとく、若手が伸び伸びとプレーし、山田のサービスエース2本を含む6連続ポイントで一気に追い上げ体勢に。その後も連続ポイントを重ね23-24まで詰め寄るも、最後は細中のサーブがアウトになりこのセットを惜しくも落とす。
 第3セット、白岩に代え山田をスタートから投入すると、すぐさまその山田がサーブで2連続エースを奪うと、5点のリードを持ってファーストテクニカルタイムアウトを迎える。その後も内山の巧妙なトス回しで順調に得点を重ねるが、中盤グロゼルの強力なサーブで5連続失点を喫し、15-15の同点で試合は振り出しに。しかし直後の高松のサーブとイゴールのスパイクで一気に攻め、5連続ポイントを奪い返すと、このままこのセットを逃げ切った。両者、強烈なサーブが飛び交う激しいサーブゲームとなった。
 勝利に大手をかけた第4セットは、序盤からサイドアウトの応酬に。同点で迎えた9-9、ここまで安定を見せてきたレセプションを崩されまさかの6連続失点。その後もバリエーションをつけた攻撃や選手交代で攻めるも、このセットを17-25で落とす。
 運命の最終セット、序盤から互いに意地を見せ、連続ポイントを奪い合う熱戦に。次第に豊田合成はエース・イゴールにトスを集めるが、両者流れを引き寄せられず迎えた11-13の終盤、イゴールがサイドアウトを決めると、1点ビハインドの場面でイゴールのサーブに。チームの願いを込めた強烈なサーブで2連続サービスエースを決め、土壇場で試合をひっくり返すと、最後は自らトランジションからスパイクを中国コートに突き刺し劇的大逆転勝利。
 試合終了と共に、控え選手、スタッフがコートに飛び出し、激戦を戦い抜いた選手らと歓喜の輪を作った。参加2回目のアジア大会への挑戦となった今大会は3位で終え、有終の美を飾った。

<監督コメント>
 とてもファンタスティックな試合だった。第3位だが、第1位と同様の結果だ。選手たちが諦めずにとてもよく頑張ったおかげで、このような結果になり、とても誇らしく思う。

<個人賞>
本大会・ベストリベロに古賀選手が選出されました。


201608312302_3.jpg201608312302_4.jpg

201609010316_1.jpg201609010316_2.jpg

<本大会の最終順位>
1位:BANK SARMAYEH (イラン)
2位:AL-ARABI SPORTS CLUB (カタール)
3位:豊田合成トレフェルサ (日本)
4位:SHANGHAI GOLDEN AGE (中国)
5位:ALTAY VC (カザフスタン)
6位:TAIWAN POWER (チャイニーズタイペイ)
7位:MASECO TPHCM (ベトナム)
8位:Asia World Club (ミャンマー)
9位:POLRI SAMATOR (インドネシア)
10位:GAS ALJANOOB (イラク)
11位:WING 46 – PHITSANULOK (タイ)
12位:AL JAZIRA Club (UAE)
13位:MALAYSIA (マレーシア)
14位:HONG KONG (ホンコンチャイナ)
15位:NEBITCHI (トルクメニスタン)

<本大会の個人賞>
Best Opposite
 No. 11 GROZER Gyorgy (中国)
Best Outside Spiker
 No. 6 KOVACEVIC Uros (カタール)
 No. 2 Ebadipour Gharah Milad (イラン)
Best Middle Blocker
 No. 13 VISSOTTO Neves Leandro(カタール)
 No. 6 Mousavi Eraghi Seyed mohammad (イラン)
Best Libero
 No. 10 Koga Koichiro (日本)
Best Setter
 No. 13 Mahdavi Mehdi(イラン)
Most Valuable Player
 No. 1 MAHMOUDI Shahram(イラン)