バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】 2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会

2016/08/28

201608281104_1.jpg
 
 2016年8月23日(火)から8月31日(水)まで、ミャンマー・ネーピードーにて開催されている「2016 ASIAN MEN’S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会)」に参加している「豊田合成トレフェルサ」の大会第6日目・順位決定予備戦第2戦の試合結果をお知らせいたします。

201608282053_1.jpg





201608282053_2.jpg






<戦評>
 順位決定予備戦第2戦の相手は、予選Dグループ2位のカザフスタン代表。勝ち点を獲得し、Fグループ2位でクウォーターファイナルラウンドに進みたい豊田合成トレフェルサ。
 第1セット、豊田合成の連続ブレイクでスタートすると、傳田のブロックポイントと近のサーブで一気に波に乗り、8-3でファーストテクニカルタイムアウトを迎える。中盤、カザフスタンは、強力なサーブと高いブロックで反撃を開始すると、連続得点を重ね16-15と1点差まで追い上げる。しかし、終始落ち着いたバレーを展開する豊田合成は、終盤4連続ポイントで一気に相手を引き離すと、エース・イゴールが要所で確実に得点を重ね、一度もリードを許すことなくこのセットを25-20で先取。
 第2セット、開始直後にカザフスタンの強力なサーブで乱されるも、その後は古賀、白岩、高松の堅守からリズムを作り、順調にサイドアウトと連続得点を繰り返し、16-10でセカンドテクニカルタイムアウトへ。焦るカザフスタンはサーブミスが続き、一方豊田合成は、堅実なサイドアウトと、ブロック・ディフェンスからイゴールが決める得意の形で、25-18と2セットを連取。
 一気に押し切りたい豊田合成は第3セット、高松のサーブから3連続ブレイクに成功。その後、カザフスタンの強力なサーブで連続失点が続き、一進一退の攻防が続く。中盤、先に抜けたのは豊田合成。イゴールのスパイクとサービスエースで4連続得点を奪うと、試合の流れは一気に豊田合成に。安定したレセプションからイゴール、高松にトスを集め、危なげなくこのセットを25-20で取り、セットカウント3-0で勝利した。
 同組別試合、チャイニーズタイペイ対イランの試合はセットカウント0-3でイランが勝利したため、豊田合成はFグループ2位通過が決定し、明日(8月29日)から行われるクウォーターファイナルラウンドでは、開催国のミャンマー代表クラブと14時00(日本時間16時30分)に試合を行う。
 
 
<監督コメント>
 昨日は第4試合目かつとてもハードな試合で決して良いコンディションではなかったが、集中して試合にのぞむことができた。特にサーブや守備面がうまく機能し、良い結果を出すことができた。Never give up!


<今後のスケジュール>
8月29日(月):クウォーターファイナルラウンド(1-8位) 14時00(日本時間16時30分)
8月30日(火):セミファイナルラウンド(1-8位)
8月31日(水):ファイナルラウンド(1-8位)

201608282053_3.jpg201608282053_4.jpg