バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】 2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会

2016/08/25

2016年8月23日(火)から8月31日(水)まで、ミャンマー・ネーピードーにて開催されている「2016 ASIAN MEN’S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会)」に参加している「豊田合成トレフェルサ」の大会第3日目・予選グループ第3戦の試合結果をお知らせいたします。














<戦評>
 予選ラウンド最終戦の相手は、前年優勝チームのチャイニーズタイペイ代表。勝った方が予選ラウンドの1位通過が決まる大一番は互いに譲らぬ好ゲームとなった。
 第1セット、昨日の試合と同じく山田をウイングスパイカーで起用。椿山のいきなりのブレイクポイントでスタートしたが、互いに一歩も引かない互角の戦いのまま中盤へ。豊田合成トレフェルサは、今大会絶好調の高松と傳田を中心に攻撃を組み立てるも、レセプションでいつものリズムが作れず、中盤に連続失点が続き、一時は5点のビハインドに。途中、山田に変え白岩を投入するとレセプションが安定し、徐々に豊田合成らしさが戻る。終盤、白岩のスパイク、相手のミス、傳田のブロックポイントで2点差まで追い詰めるも、最後はチャイニーズタイペイに押し切られ、第1セットを22-25で落とす。
 第2セット、スタートから白岩をウイングスパイカーに起用。安定したレセプションと決定力で、序盤から激しいサイドアウトの応酬が続く。椿山と高松を中心に攻めるも、チャイニーズタイペイは破壊力のあるサイドとミドルで応戦。両者一歩も引かぬ展開であったが、サーブミスが続いた豊田合成は終始主導権を握ることができず、23-25で惜しくも第2セットを奪われる。
 後がない第3セット、椿山に代え山田をオポジットで起用。このセットも互いに激しいサイドアウトの応酬が続いたが、序盤から豊田合成のペースで試合が進み、ファーストテクニカルタイムアウトに入る。中盤までリードする優位な展開で進めるも、連続失点が続き、終盤土壇場で逆転を許してしまう。しかし好調高松の活躍と相手のミスで、最後は25-23でこのセットを奪い返す。
 第4セット、またもや序盤から終始激しいサイドアウトの取り合いが続く。白岩と古賀の安定したレセプションから両サイドを有効に使い、リードした状態でセカンドテクニカルタイムアウトへ。終盤、山田が要所でのブロックとスパイクで活躍し、第4セットを25-21で取り、試合の行方は第5セットへ。
 最終セットも序盤から激しいサイドアウトの応酬が続く。白岩のスパイクでポイントを重ねるが、相手もエースにボール集め、全くの互角に。ところが中盤トレフェルサが3連続サーブミスで流れを失うと、チャイニーズタイペイはピンチサーバーで起用した選手のフローターサーブが決まり、一気に4連続ポイントを奪う。豊田合成は近のクイックで応戦するも、連続失点とサーブミスが響き、惜しくも11-15でセットを落とし、激戦に涙をのんだ。

<監督コメント>
 我々の高いレベルのバレーをすることができなかった。しかし、途中から出場した白岩の活躍でチームをいつものプレーに戻してくれた。この試合の結果が明後日からの順位決定予備戦に持ち越しなので、ビハインドの状態からのスタートとなるが、課題を改善して戦っていく。また、日本から来てくれたファンに感謝したい。Never give up!


明後日(8月27日)は、BANK SARMAYEH(イラン代表)と順位決定予備戦(上位グループ)の第1戦。
開始時間は、16時30分(日本時間19時00分)となっております。


【豊田合成トレフェルサの試合予定(+結果)】

8月23日(火):vsイラク(GAS ALJANOOB) ○3-2
8月24日(水):vsインドネシア(POLRI SAMATOR) ○3-0
8月25日(木):vsチャイニーズタイペイ(TAIWAN POWER) ●2-3

8月27日(土)16時30分~.vsイラン(BANK SARMAYEH) ※日本時間19時00分
8月28日(日)11時30分~.vsカザフスタン(ALTAY VC)  ※日本時間14時00分
8月29日(月):クウォーターファイナルラウンド(1-8位)
8月30日(火):セミファイナルラウンド(1-8位)
8月31日(水):ファイナルラウンド(1-8位)