バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【試合結果】 2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会

2016/08/23


2016年8月23日(火)から8月31日(水)まで、ミャンマー・ネーピードーにて開催されている「2016 ASIAN MEN’S CLUB VOLLEYBALL CHAMPIONSHIP(2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会)」に参加している「豊田合成トレフェルサ」の大会第1日目・予選グループ第1戦の試合結果をお知らせいたします。
 












<監督コメント>
不安定な試合運びだったが、長い間試合から遠ざかっていたので、これはノーマルだと思う。
自分達は大変難しいプールにいる。どのチームも近い力を持った4チームが集まった。
このトーナメントを通じて更に成長できるよう、高いレベルを目指す。Never give up!

<戦評>
 本日開幕した2016アジアクラブバレーボール男子選手権大会予選ラウンド初戦の相手はイラク代表。初戦を取り今後の試合を優位に進めたい豊田合成トレフェルサは、昨季Vリーグの優勝メンバーに加え、今季から加入した椿山をオポジットで起用。
第1セット、スタートから3連続ポイントで主導権を握ると、サイド攻撃を中心に得点を重ね危なげない展開に。中盤には全日本五輪予選で活躍した傳田がクイックとブロックの連続ポイントで更にイラクを突き放し、第1セットを25-14で先取。
 第2セットは序盤からサイドアウトの応酬が続き、一進一退の展開に。終盤イラク代表の連続ポイントで離され一時は4点差がついたものの、途中交代で入った山田、前田の活躍で1点差まで詰め寄るが、最後はイラクの高さのある攻撃に押し切られ、23-25で第2セットを落とす。
 第3セット、序盤で4-0とスタートダッシュに成功し、更には椿山の攻撃とブロックポイントで5連続ブレイクを決め、25-13の大差でセットを奪い返す。
勝ち点「3」獲得のため第4セットを何とか取りたいトレフェルサは、序盤で4点差をつけるものの、イラクの驚異的な粘りで中盤以降シーソーゲームに。その後、両チームのサイドアウトとブレイクの応酬が続き、手に汗握る白熱した展開となったが、デュースまでもつれた第4セットを27-29で落とす。
 最終セット、内山が巧みにセンター線を使い、互いにサイドアウトを取り合う展開に。エース高松と椿山が効果的に得点を重ねるも、負けられないイラクも必死に食い下がる。最後は高松が鋭いスパイクをコートに叩き込み、15-13で初戦を白星で飾った。

明日(8月24日)は、POLRI  SAMATOR(インドネシア代表)と予選グループの第2戦となります。
開始時間は、11:30(日本時間14:00)となっております。