バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【プレスリリース】フォレストリーヴズ熊本の監督による選手への体罰に関する制裁について

2013/06/06

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構
 

フォレストリーヴズ熊本の監督による選手への体罰に関する制裁について

 

 一般社団法人日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)代表理事会長・木村憲治は、V・チャレンジリーグ女子のフォレストリーヴズ熊本の中島裕二監督が同チームの選手1名に対する体罰を行ったことが判明し、平成2565日付でフォレストリーヴズ熊本ならびに同チームの松﨑克彦部長、中島裕二監督に下記の制裁を科すことを決定致しました。

この制裁決定はVリーグ機構裁定委員会に諮問を行い、その答申に基づき決定されたものです。
 



 

<制裁の種類及び内容>
 

当該者

松﨑 克彦(フォレストリーヴズ熊本・部長)

制裁の種類及び内容等

・けん責(始末書提出)

・但し、再発防止策として今後のチームの内部統制と管理監督を行うための計画書を提出することとする。また、その計画書に基づく毎月のVリーグ機構への実施状況の報告を、制裁決定日より1年間義務付ける

適用条項

Vリーグ機構規約第3条「規程類の遵守義務」

Vリーグ機構規約第78条「誠実義務および守秘義務」1項、2

Vリーグ機構規約第97条「代表理事会長による制裁および調査」1項、5

Vリーグ機構規約第102条「他者を利用した違反行為」

 

当該者

中島 裕二(フォレストリーヴズ熊本・監督)

制裁の種類及び内容等

・資格停止(始末書提出ならびに公式試合への出場停止)

・出場停止期間:制裁決定日より1年間

適用条項

Vリーグ機構規約第3条「規程類の遵守義務」

Vリーグ機構規約第78条「誠実義務および守秘義務」1項、2

Vリーグ機構規約第97条「代表理事会長による制裁および調査」1項、5

 

当該チーム

フォレストリーヴズ熊本

制裁の種類及び内容等

・訓戒(始末書提出)

・但し、再発防止策として今後のチームの内部統制と管理監督を行うための計画書を提出することとする。また、その計画書に基づく毎月のVリーグ機構への実施状況の報告を、制裁決定日より1年間義務付ける

適用条項

Vリーグ機構規約第3条「規程類の遵守義務」

Vリーグ機構規約第78条「誠実義務および守秘義務」1項、2

Vリーグ機構規約第97条「代表理事会長による制裁および調査」1項、4

Vリーグ機構規約第103条「両罰規程」

  


 以上                                                                      

 



【Vリーグ機構代表理事会長・木村憲治コメント】
 

今回、Vリーグ機構の一員であるフォレストリーヴズ熊本において、監督による選手への体罰が判明いたしました。

弊機構では、バレーボール界からの暴力や体罰の根絶に向けて、自らその姿勢を示すべくコンプライアンス規程を制定し、平成2561日からの施行を控えておりました。その矢先に今回の問題が発生したことは、誠に残念でなりません。

今後はVリーグに関わる者一人一人がトップリーグの一員であることを再認識し、断固たる決意をもって、暴力や体罰の根絶に努めるとともに、皆さまにバレーボールをより明るく、楽しく感じていただけるように、そして、日本のバレーボール界の発展にこれまで以上に努めて参ります。