バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

Vリーグ機構キャプテンミーティング

2013/06/17

6月15日、Vリーグ機構では初めての試みとして、リーグ所属チームのキャプテンを集めてのミーティングを開催しました。これは6月1日より施行された「コンプライアンス規程ならびに関連諸規程」をチームに深く浸透させるためにチームのリーダーであるキャプテンへの周知を図り、チーム内への徹底を行うこと。選手自らがファンの皆さんに喜んでもらえるサービスをディスカッションを通じて考えること。そしてより選手にメディア対応について自覚を持ってもらうための「メディアトレーニング」の3つを柱に行われたものです。


 
木村憲治Vリーグ機構代表理事会長より、冒頭、開会の挨拶とミーティングの趣旨の説明が行われました。コンプライアンスの重要性やVリーグの入場者数の移り変わりなど、これまでコート外には参画していなかった選手に対し、その趣旨を説明しました。



三好総合法律事務所 籔之内千賀子弁護士より「コンプライアンス規程」についての説明が行われました。チーム代表として全員が真剣な眼差しで聞き入り、疑問点は質問するなど、積極的に取り組みました。



  


Vリーグ機構佐藤直司理事を進行役に「ファンサービス」について4グループに分かれて討議しました。その結果はグループごと代表者から発表されました。選手目線からの斬新な企画もあり、今後のリーグ運営の貴重な意見として検討していきます。
 
 
 
  
 

片上千恵氏(びわこ成蹊スポーツ大学/スポーツメディアトレーナー)によるメディアトレーニング。実際にインタビュー風景をビデオに撮影し全員で批評しながら修正点を確認、声の出し方や話のまとめ方など選手にとって大いに参考になったようです。


 
 
参加者による集合写真