バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

【結果】 2013アジアクラブバレーボール女子選手権大会 (3、4位決定戦)

2013/05/06

3、4位決定戦<5月5日(日)>

【スコア】 

PFU
ブルーキャッツ

25 - 17

北朝鮮

25 - 22
25 - 22
  -  
  -  

 



<スターティングメンバー (第1セットのみ)>

・餅田、船崎、彌永、ロマーニャ、佐藤、川上
リベロ:岩永

【戦評】
3位、4位決定戦は、北朝鮮と対戦した。
第1セット、川上、ロマーニャのバックアタックで先制する。北朝鮮もエースを中心に攻撃をしかけてくるが、リベロ岩永を軸とし粘りある守備で相手にリードを許さない。終盤、船崎のサーブから4連続得点を奪うとそのまま逃げ切りセットを先取した。
第2セット序盤、佐藤のサーブポイントによりリードするも、サーブレシーブの乱れから追いつかれてしまう。両者粘り強い守備から幾度となくラリーが続くなか、要所で佐藤の移動攻撃、餅田のスパイクが有効的に機能し何とかセットを連取した。
続く第3セット、スタートから自分たちのミスが目立ち最大5点のリードを奪われる。サイドアウトを奪うもなかなか追いつくことが出来ないなか、途中出場の足立がサーブポイントを決め、一気に波に乗る。その後も佐藤、ロマーニャのブロックポイントにより徐々にリードを広げると最後は川上がスパイクポイントを決め、セットカウント「3-0」で勝利した。

結果、第3位という成績で今大会を終えた。

【2013アジアクラブバレーボール女子選手権大会 最終順位】
1位  中国 (QUANGDONG EVERGRANDE)
2位  カザフスタン (ZHETYSSU)
3位  日本 (PFUブルーキャッツ)
4位  北朝鮮 (DPR KOREA)
5位  ベトナム (VIETNAM)
6位  チャイニーズタイペイ (CHINESE TAIPEI)
7位  タイ (IDEA KHONKAEN)
8位  イラン (GITI PASAND)

   
  


【今回の遠征メンバー】

監督:寺廻太
コーチ:前田幸介

1番 餅田 千佳
2番 船崎 恵視
3番 栗田 琴恵 
4番 岩永 麻里江 ※キャプテン 
5番 札場 多恵 
6番 佐々木 夏希
7番 彌永 衣利
8番 足立 史織 
9番 ユランニ,ロマーニャ
11番 佐藤 奈美
12番 砂田 遥
14番 清水 亜寿里
15番 川上 真央
16番 村松 比呂子
17番 高橋 千晶
18番 渡邉 沙織
19番 清水 理央