バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

ニュース・トピックス

2012/13V・プレミアリーグ女子セミファイナルリーグ戦前日記者会見

2013/04/04

4月5日から千葉県・船橋市総合体育館(船橋アリーナ)で行われる2012/13V・プレミアリーグ女子セミファイナルリーグ戦の前日記者会見がレギュラーラウンド四強チームの監督・キャプテンが参加し行われました。
 



NECレッドロケッツ(レギュラーラウンド1位)
山田晃豊監督
「いよいよセミファイナルを戦う。今シーズンのスローガンである「捲土重来」を胸に全力で戦いたい。どのチームも力が拮抗しているので白熱した試合になると思う。見ごたえのある試合を展開できるよう全力で戦いたい」
内田暁子キャプテン
「レギュラーラウンド1位が自信となっている部分と昨シーズンの8位という挑戦者という気持ちが入り混じっているが、しっかりと準備はできている」



 
久光製薬スプリングス(レギュラーラウンド2位)
中田久美監督
「就任1年目でスタッフ・選手に支えられてここまできました。セミファイナルは短期決戦であるし、実力が拮抗していて戦い方が難しいが、一丸となって戦いたい。キャプテンであり、司令塔の古藤に期待したい」
古藤千鶴キャプテン
「これまでの試合で積み上げてきたものをこの4試合に一丸となって必死で戦いたい」
 


東レアローズ(レギュラーラウンド3位)
菅野幸一郎監督
「先週の男子を見てもこのセミファイナルラウンドは厳しい戦いが繰り広げられると思う。日本のトップリーグとして、セミファイナル・ファイナルを恥ずかしくない戦いをしたい」
荒木絵里香キャプテン
「シーズンを通して積み重ねてきたものをチーム一丸となって必死に戦いたいと思います」


 
岡山シーガルズ(レギュラーラウンド4位)
河本昭義監督
「レギュラーラウンドでは2レグまでは、栗原・福田を中心とした攻撃力で首位争いをしたが、それ以降は相手も研究し厳しい戦いが続いた。3レグ以降我々の持ち味である拾ってつなぐバレーに戻ってきたが、4試合でしっかり発揮できるように頑張りたい」
岡野知子キャプテン
「過去2回の四強はそこで満足してしまった。今シーズンはそれ以降を見据えて戦ってきましたので、上位に挑戦するつもりで戦いたい」