バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト

2017/18V・プレミアリーグは、10月21日に女子は仙台、男子は東京で開幕!

V・明日夢(みらい)プロジェクト

ブログ 2014/1

平成25年度武蔵市バレーボール連盟「スポーツ指導員実技研修」
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2014/01/30(木) 10:56

平成25年度武蔵野市バレーボール連盟「スポーツ指導員研修」
    中沢フーズ株式会社/株式会社 昭和物産協賛
    Ⅴ・明日夢プロジェクト バレーボール交流会



【概 要】
■日時:2014年1月19日(日)     9:15~17:30
            AM・講習会 PM・交流試合
■会場:東京都武蔵野市/武蔵野総合体育館 サブアリーナ
■対象:武蔵野市バレーボール連盟登録チーム ママさん約90名
■主催:武蔵野市バレーボール連盟
■協賛:中沢フーズ株式会社、株式会社 昭和物産
■講師:多治見 麻子 (元 日立ベルフィーユ→パイオニアレッドウィングス
                                       →日立リヴァーレ)
          :榎谷 佳奈   (元 NECレッドロケッツ)
          :吉田 千絵   (元 茂原アルカス)
          :田中 姿子   (元 日立ベルフィーユ→NECレッドロケッツ
                                       →ディナモ・モスクワ/ロシア)
                                 現在プロビーチバレーボール選手
           :田口 恵      (元 茂原アルカス→NECレッドロケッツ)
           :滝沢 ななえ (元 パイオニアレッドウィングス
                →上尾メディックス)
           :櫻井 由香(Vリーグ機構事務局) (元 デンソーエアリービーズ)

V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
1月19日に東京都・武蔵野総合体育館で行われた
バレーボール交流会の様子をご報告いたします。
 
スポーツ指導員実技研修会として、武蔵野市のママさんバレーボール
チームを対象とした講習会と交流試合を、中沢フーズ株式会社様と
株式会社 昭和物産様のご協賛のもと、7名の講師が担当し開催しました。

                                              開講式


                                           今回の講師たち


                                     中沢フーズ株式会社様のブース

  
     
                  株式会社 昭和物産様の横断幕


                                まずはウォーミングアップ 


                               「質」にこだわった内容です



                           真剣な眼差しで講師の話を聞いています

     
                        ナイス、スパイク!!


そして午後からは交流試合です。
血液型でチームを分け各チームに講師もメンバーとして参加し、
トーナメント式のゲームを行いました。
「A型」3チーム、「O型」3チーム、「B型」1チームの計7チームでの
激しい戦いが繰り広げられたのですが、優勝の行方は…

                                 野心家O型チーム


                                      世話好きO型チーム


                                        仕切りやO型チーム 


                                           生真面目A型チーム

優勝したのは、「B型」チームでした。チームそれぞれ個性があり、面白い試合となりました。

                                   優勝した「B型」チーム
                        (多治見さんはB型ではありませんが…)

 

そして中沢フーズ株式会社様より、参加者全員に参加賞が配られ、
熱く楽しい一日が終わりました。

                                      参加賞


今回の講習会では、みなさんがプレーのひとつひとつを
真剣に身に付けようという姿勢が見え、
私たち講師はとてもやりがいを感じました。
みなさんとチームメイトとして同じコートに立ち、一緒に喜び励まし合い、
最後まで明るくパワフルな姿に、私たち講師が元気をいただきました!
 
武蔵野市のみなさん、そしてこの交流会にご協賛いただいた
中沢フーズ株式会社様、株式会社 昭和物産様、
本当にありがとうございました!!


V・明日夢プロジェクトで出会ったみなさん、ただ今
3,171名



 

スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト バレーボール教室 in神戸
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2014/01/24(金) 11:20

       

        スーパースポーツゼビオ presents
    V・明日夢プロジェクト バレーボール教室 in神戸


【概 要】
■日 時 : 2014年1月18日(土) 13:00~16:00
■会 場 : 神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)
      サブアリーナ
■対 象 : 地元小学生約70名
■講 師 : 齋藤 信治 (元 東レアローズ)
    : 吉田 千絵 (元 茂原アルカス)
■広 報 : 櫻井 由香/Vリーグ機構事務局 (元 デンソーエアリービーズ)
 
V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
1月18日に兵庫県・神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)で
行われた「スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト
バレーボール教室in神戸」の様子をご報告いたします。

今回の講師は、元東レアローズの『ノブコフ205』こと、齋藤信治さん、
元茂原アルカスの吉田千絵さんです!
私達も選手として、何度も試合を行った体育館でのバレーボール教室の
始まりは、スーパースポーツゼビオ 神戸ハーバーランド店、
ららポート甲子園店のスタッフの方が、シューズの紐の結び方や
インソールの重要性をみんなに教えていただくことからスタートました。
紐を正しく結ぶことで、パフォーマンスがあがったり、
インソールを入れることで、ケガの予防になることなど、
選手として大切なことをたくさん教わりました。

                          神戸ハーバーランド店 吉村副店長


                                   シューズの紐の正しい結び方


                              スタッフの方によるインソールの説明


インソールの紹介、そしてシューズの紐もしっかり結び、
気持ちも引き締まったところで、いよいよ実践練習のスタートです

                             オーバーパスの説明


                                オーバーパスの手の形は…


                                みんなと同じ目線の高さで説明


教室の合間には、シューズ選びやインソール選びの時に必要な、
自分の足の正しいサイズを測るブースに長蛇の列が出来ました。


                                  ブースは長蛇の列

       

       1人1人正しいサイズを計測していただけます


コートでは講師の丁寧な指導が続き、練習の最後に講師もみんなと一緒に
コートに入ったゲームを1チーム2セット行い、講師との交流を楽しんでいました。

            ひとりひとりに声をかけます

       

              男の子も参加!!


              同じチームでゲーム


そして未来のⅤリーガー達へのサイン会を行い「また、会いましょう!」
と再会を約束し、笑い声と笑顔がいっぱいの教室を終了しました。

                 サイン会


              未来のⅤリーガー!!


次回の「スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクト
バレーボール教室」の会場は、2014年1月31日(金)福岡市民体育館です。
福岡のみんなに会えるのを楽しみにしています!!



≪講師からみんなへ≫

神戸の皆さんとバレーボールをさせていただき、
ありがとうございました。
みなさんが、本当に素直に一生懸命バレーをしてくれたので、
私も一緒に楽しませていただきました。
これからも、一生懸命いろんなことにチャレンジし、
自分の夢に向かって頑張ってください。
 
齋藤 信治



みんなの一生懸命ボールを追いかける姿がとっても印象的でした。
是非中学、高校、大学でもバレーボールを続けてください。
そして、この教室からVリーグ、全日本で活躍する選手が
誕生することを願っています。
また一緒に楽しくバレーボールをやりましょう!
 
吉田 千絵








 

~MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災 復興育英基金~V・明日夢プロジェクト バレーボール教室in釜石
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2014/01/22(水) 20:11

   ~MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金~
    V・明日夢プロジェクトバレーボール教室 in 釜石


【概要】  
■ 日 時 :   2014年1月18日(土)10:00~16:00
■ 会 場 :   岩手県釜石市/釜石市立釜石中学校
■ 対 象 :   釜石市、大槌町の中学校5校
                     (釜石中学校、甲子中学校、大平中学校、釜石東中学校、
                        吉里吉里中学校)の男女バレーボール部員と地元の小学生
           合計72名
■ 主 催 :   株式会社三菱東京UFJ銀行
■ 後 援 :   公益社団法人日本ユネスコ協会連盟(特別協力)
                    釜石市教育委員会
■ 講 師 :   田中 姿子  (元日立ベルフィーユ→NECレッドロケッツ
                                                 →ディナモ・モスクワ/ロシア)
               :   内藤 香菜子(元イトーヨーカドープリオール
                                     →武富士バンブー→NECレッドロケッツ)
              :   横山 雅美  (元デンソーエアリービーズ
                                                 →日立佐和リヴァーレ)

V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
2014年1月18日に岩手県・釜石市立釜石中学校で行われた
「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
V・明日夢プロジェクトバレーボール教室 in 釜石」の様子を
報告いたします。
ラグビーの盛んな街として有名な釜石市。朝夕の気温は氷点下と寒さは
厳しいですが、この寒さを吹き飛ばす、熱い気持ちをもち、笑顔満載の
みんなと出会いました。
今回は、明日夢プロジェクト講師3名に加え、三菱東京UFJ銀行
男子バレーボール部のOBから2名の講師に参加していただきました。
また、釜石市と大槌町のみんなを激励に訪れた、Vリーグ機構会長の
木村憲治も特別講師として参加しました。
限られた時間の中でのバレーボール教室ですが、
充実した内容となりました。
 
       今回の講師(左から田中さん、木村Vリーグ機構会長、横山さん、内藤さん)


 開講式では、木村憲治会長が「今日集まった皆さんは、2020年の開催が
決まった東京オリンピック・パラリンピックに出場するチャンスがある。
今日は技術だけではなく、考えることを学んでほしい。
皆さんがもっとバレーボールを盛り上げてください」と
参加した選手の皆さんを激励しました。

                           参加したみんなを激励する木村Vリーグ機構会長


                                 講師の一言一言を大切に聞いています

入念なウォームアップのあとにボールを使った練習開始。
午前は全体で基本練習が中心。オーバーパス、アンダーパスの練習のあと、
サーブ練習が行われました。

        ケガの防止といいプレーをするためにはウォームアップがとても重要です


                                 続いてボールを使ったウォームアップ


                          いよいよ練習開始。まずは、オーバーパスの練習


                                        笑顔のたえない練習となりました


                                     つづいてアンダーパスの練習


                                   午前中の最後の練習はサーブの練習

午後からは、セッター、アタッカー、レシーバーの各ポジションに
分かれて、ポジション別練習。
セッターは横山さん、アタッカーは田中さん、レシーバーは
内藤さんがそれぞれ担当。練習にも一層熱が入りました。

                                   アタッカーの講師を担当した田中さん


                                      レシーバーの担当は内藤さん


                                   セッターの担当を務めた横山さん

最後は、ポジション別練習の成果を活かした合同での
コンビネーション練習。みんな大きな声を出して、コミュニケーションを
意識しながら練習に取り組みました。

              1日の練習の集大成。大きな声でコミュニケーションを意識しました


                   デモンストレーションで、田中さんが強烈なスパイクを披露

練習後は、恒例となったジャンケン大会。小学生と中学生、そして
保護者の皆さんや先生の皆さんも参加して、会場はとても盛り上がり
笑顔が溢れました。プレゼントがもらえる“決勝ジャンケン”に、
中学生男子と小学生女子の2人が残った場面で、中学生男子が
“決勝ジャンケン”を辞退し、小学生女子にプレゼントを譲るという、
心温まるシーンも見られました。
 
                                   恒例となったジャンケン大会


                     見事勝ちぬいた選手にはプレミアムグッズがプレゼント

閉講式では、講師から参加した選手の皆さんに、1日の総括とともに
これからのバレーボール界を担ってくれるみんなに
メッセージを伝えました。参加した選手からは、
「今日学んだことを活かして、次の大会で優勝目指して頑張りたい」
と御礼の言葉をいただきました。

                閉講式では参加した選手から講師に御礼の言葉をいただきました


                              閉講式後のサイン会には長蛇の列

釜石市と大槌町のみんなからは、チームワークに大切な
「仲間を思いやる心」、そして、何より大切な、「バレーボールを
楽しむ気持ち」を感じました。練習中の選手たちの
キラキラした目と、真剣に取り組む姿勢に、
改めてスポーツの素晴らしさを教えてもらいました。
この中から、未来のVリーガー、そして2020年東京オリンピックの
コートに立つ選手が誕生することを期待したいと思います。
そして、釜石市、大槌町のみなさんとの出会いに感謝します。

                                  講師の話を真剣に聞いています


        これからもバレーボールを通じて多くの方々に笑顔を届けたいと思います


                      釜石市、大槌町のみなさんとの出会いに感謝します

【ご報告】
「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金
V・明日夢プロジェクトバレーボール教室 in 釜石」の様子が、
土曜よる10時からのBS-TBSのテレビ番組「未来へのおくりもの」の
番組後半の“社会とともに”というミニコーナー(10時45分頃)で
紹介していただくことになりました。
放送日は、2月1日(土)、8日(土)、15日(土)を予定しています。

                            取材を受ける木村憲治Vリーグ機構会長

 

スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト バレーボール教室in大阪
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2014/01/16(木) 19:15


       スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクト
                   バレーボール教室 in大阪



【概     要】
■ 日  時 : 2014年1月11日(土)         10:00~12:00
■ 会  場 : ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館) サブアリーナ
■ 対  象 : 地元小学生約110名
■ 講  師 : 丸茂 智彦 (元 東レアローズ)
             : 津曲 勝利 (元 サントリーサンバーズ)
■ 広  報 : 櫻井 由香/Vリーグ機構事務局
           (元 デンソーエアリービーズ)

V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
1月11日に大阪府・ボディメーカーコロシアム(大阪府立体育会館)で
行われた「スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト
バレーボール教室in大阪」の様子をご報告いたします。                                                                                                                                                                                                   
 
教室開始時刻にはまだ早いうちから、会場に続々と大阪のみんなが
集まってきました。
「時間までコートを自由に使ってもいいよ!」と言うとみんな一斉に
コートに飛び出し、思い思いのウォーミングアップを始めました。

             教室開始まで待ちきれない!

大阪のみんなにバレーボールの楽しさを伝える講師は、
丸茂智彦さんと津曲勝利さん。そしてスーパースポーツゼビオ
なんばパークス店より、尾崎副店長とスタッフの方が
足のサイズの測定やシューズの試し履きなどが行えるブースを
会場の一角に出展し、シューズ選びの大切さをみんなに伝えました。

       尾崎副店長のごあいさつ


               待ちに待った開講式


       足のサイズの測定です


              試し履きのシューズ

コートの外ではシューズ選びの大切さを、
コートの中では講師がバレーボーの技術やプレーの中で、
声を出すことの大切さをみんなに伝えています。

            一流のプレーを間近に見ました


             さぁ、次はみんなが挑戦


               目指せVリーガー!!

最後のゲームでは講師もみんなと同じコートに入り、
得点したら一緒にコート中を走り回るなど、楽しい時間を過ごしました。
そして、これからもみんながバレーボールを続けてくれれば、
必ずまたどこかで会えます!と再会を約束し大阪での教室を終了しました。

              コート中を走り回りました


               みんなとの再会を約束

次回の「スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクト
バレーボール教室」の会場は、2014年1月18日(土)
神戸総合運動公園体育館(グリーンアリーナ神戸)です。
兵庫県のみんな、笑顔でバレーボールしましょうね!
 



≪講師からみんなへ≫

「大阪のみんなは礼儀正しく、元気モリモリ、
最高の笑顔でプレーしてくれたので、とても楽しかったです!
中学、高校と続けてVリーガー、全日本を目指して頑張って下さい。
また、一緒にバレーをしましょう!」

丸茂智彦




「みんなの真剣な眼差しと笑顔が印象的な教室だったと思います。
失敗を恐れずチャレンジし続ける事が上達する近道です。
バレーボールを楽しむ気持ちをいつまでも持ち続けて頑張って下さい」

津曲勝利



 

スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト バレーボール教室 in広島
[明日夢プロジェクト 活動レポート]

投稿日時:2014/01/15(水) 20:26

                スーパースポーツゼビオ presents V・明日夢プロジェクト
                                バレーボール教室 in広島

 
【概 要】
■ 日   時 : 2014年1月10日(金)     17:00~19:00
■ 会   場 : 広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)  
                  メインコート
■ 対   象 : 地元中学生  約95名
■ 講   師 : 田中 姿子 (元 日立ベルフィーユ→NECレッドロケッツ
                                     →ディナモ モスクワ)
                                  現 プロビーチバレーボールプレイヤー
               :向井 久子 (元 石川島播磨重工呉→ユニチカフェニックス
                                     →東レアローズ
■ 広   報 : 櫻井 由香/Vリーグ機構事務局
                                 (元 デンソーエアリービーズ)
 
V・明日夢プロジェクト担当の櫻井です!
年が明けた1月10日に広島県・広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)で
行われた「スーパースポーツゼビオpresents V・明日夢プロジェクト
バレーボール教室in広島」の様子をご報告いたします。
 
2014年最初のバレーボール教室は、実際に選手がプレーする
メインコートで行われました。
天井の高さ、観客席の多さ、体育館の広さ、滅多に経験することのない
雰囲気に、みんなの気持ちも高まります!
                            今日はみんなが主役
 
 
本日の講師は、田中姿子さんと広島県出身の向井久子さん。
そしてスーパースポーツゼビオ広島アルパーク店の矢野店長をはじめ、
広島県内からたくさんのスタッフの皆さんが駆けつけてくださいました。

                                広島県内のスタッフのみなさん


                                  スタッフのみなさんも自己紹介


教室では熱の入った指導が行われています。
そして最後のゲームでは全員がメインコートに立ち、
Vリーガ-の目線を実感しました!

                                    基本の大切さを伝えています


                                         スパイクは助走が肝心


                                     憧れのコートでプレー!!

今回のゼビオブースでは、自分の足のサイズを測定してもらい、
今履いているシューズが本当に自分に合っているのか、
改めて知ることができました。またジュニア用のプロテインの試飲もあり、
体を大切にすることを学びました。

                                 今のシューズのサイズは正しいかな 


                              正しいサイズを知ることができました


                                               体が資本!!

広島のみんなは挨拶がしっかりでき、とてもさわやかな印象でした。
一生懸命にボールを追いかけ、チームメイトを大きな声で励ましている姿を
見て、私達も嬉しくなりました!!
「誰かのために!」その気持ちを忘れずに、これからも頑張ってください。
みんなを応援しています!

                                                  みんな笑顔!


≪講師からみんなへ≫
 
「みんなの真剣な表情が印象的でした。今日の教室の中からまた
 Vリーガーが誕生する事を願っています!」

田中 姿子



「地元広島の中学生と触れあえて本当に嬉しかったです。
 基本のプレーを大切にしつつ様々なプレーや動きにチャレンジして
 とにかく楽しんでバレーボールして欲しいです♪
 そして、バレーボールを通じて様々な事を経験して
 それぞれの夢に近づいて叶えていってください!!
 心から応援してます♪」

向井 久子